〜柴犬りんごとキジ白さんたの毎日〜

入院した時の話

201101.jpg

退院してきた日、“手術は想像を越える恐ろしさだった” と書きましたが
正確には、手術そのものよりそれに付随する色々なことだったように思います。
私が感じた恐怖というのは「何をされるか分からない」っていうんじゃなく、全くその逆。
入院先の病院では、ものすごーく細かく事前説明をしてくれたんですが
その分イメージが膨らんじゃって、手術前日から心臓バックバク。

20110130_03.jpg

手術の説明よりもそれ以前の麻酔の説明を聞いた時点で頭がパニックですよ。
だって、背中に針をさし(その後2日間)、口からノドの奥までゴムチューブを入れ、
その上から酸素マスクを着けるだなんて、どんだけのモノなのよ?
疑問が次から次から出てきちゃって、頭の中はIKK○がいっぱい。
そして疑問は恐怖へと変わり、すっかり巨大化!こえぇぇぇ~!

20110130_02.jpg

だから看護師Yさんの「何かご質問ありますか?」の言葉には
「待ってましたぁ!」とばかりに攻めまくり…。
Yさんは、呆れもせずちゃんと聞いてくれましてね。
「背中にさす針はこのくらいの太さだから全然痛くないですよ~。
むしろそれを留めている背中のテープの方が気になるかも」とか
「ゴムチューブは確かに “オエッ” てなるけど、麻酔で朦朧としている時に着脱するから
殆ど分からないですよ~」とか
私の些細な質問に対して1つ1つ丁寧に説明してくれたんです。

20110130_01.jpg

終始ニコやかに説明する看護師Yさん。
その「たいしたことないですよ~」的な口ぶりのお陰で
私の恐怖心はずいぶん和らいだのでした。

そして殆ど眠れないまま迎えた本番 ───。

20110130_05.jpg

手術室へは自分で歩いて行ったんですが
Yさんと一緒だったからすごく心強かったです。
それでも手はブルブル、足はガクガク、心臓はズッキンドッキン。
「もう生きて帰ってこられないかも…」なんて思ったら
点滴のスタンドをかついで逃走したくなりました。

20110130_04.jpg

手術後の2日間はしんどくて、どうなることかと思ったけれど
なんとかこうして家に帰ってこられました。
背中の針もゴムチューブも、その他の心配事も
すべて看護師Yさんの説明してくれた通りでした。

いつもニコニコ明るくて、元気いっぱい接してくれたYさん。
彼女には本当に助けられました。
まさに白衣の天使。ありがとう!
私が男だったら絶対惚れちゃうね。

* * *

手術中に私にモシモのことがあったら、と
銀行口座の暗証番号を手帳に書き残しておいたことは
オットにはナイショです。

エリザベス

どんだけビビリやねん!

Comments 5

まり

怖かったですね~
私は髄膜炎になったとき、腰椎穿刺されるのに、もうそれは恐怖でしたもん。
しかし、開腹手術で4日で退院って早いですね~^^
自宅のほうが安心できていいですね~♪

2011-01-30 (Sun) 17:43 | EDIT | REPLY |   

がんちゃん

本当に大変でしたねぇ。
入院も手術もしたことない、視力もいい健康体の私は、つゆ知らずにおりました☆彡 (-人- )

 しばらくはご自宅ですよね?
しっかり休養してくださいね。

2011-01-30 (Sun) 22:53 | EDIT | REPLY |   

わだ

大変だったんだね。
でももうすっかり元通りかな?(^_^)
アタシもさっき胃カメラ飲んできたけど美味しかった~~

2011-01-31 (Mon) 11:35 | EDIT | REPLY |   

アコ

歯科に行っても体に力の入る私、
説明を読んだだけで、緊張しました。
本当に、大変でしたね。

でも、順調な回復で、早くご自宅に戻られて良かったです。
病院のベッドで睡眠不足では、回復もおぼつかないですものね。

丁度寒い時期。
冬眠のように、ゆっくりご静養下さいね。
くれぐれもお大事に。

2011-01-31 (Mon) 17:51 | EDIT | REPLY |   

meekoo

*まりさん

私がされた背中の麻酔(硬膜外麻酔)は
痛いし背骨がビリビリするしで泣きたくなりましたよ。
目の前に時計があって、本チャンの麻酔をするまでに20分かかっていました。
その間、意識はハッキリあって恐怖の絶頂…あんな思いは2度としたくないですToT
開腹手術ではなく、腹腔鏡下手術だったので切った範囲はほんの数センチだったんですよ。
それだけでもダメージはかなり違うんでしょうね。




*がんちゃん

あら。視力なら私も負けませんよ~。
両目とも1.5を下回ったことはありません (゚∀゚)v
ま、その代わり老眼まっしぐらでしょうけどねぇ。

はい。今週いっぱいは自宅療養です。
とにかくハライタが早く治って欲しいです^_^




*わださん

元通り…とまではまだいかないですね~^^
だいぶ楽になったんですが、何かにつけお腹に鈍痛が走ります。

胃カメラのんだんですか! あれもオエッてなるんですよね。
むむむ。美味しかったのか~さすがわださんだ^o^




*アコさん

ね!怖いでしょう~^m^
私はとにかく全身麻酔をすることが一番の恐怖だったんです。
周りの体験者から、あまりいい話を聞いていなかったので余計に^^;
案の定、翌日は嘔吐したりして大変だったので、最悪の印象になりましたToT

入院中はずっとロクに寝られなかったので
早々に自宅に帰って来られて本当によかったです。
お腹の痛みもだいぶよくなり、気分的にもラクになってきています^_^

2011-01-31 (Mon) 19:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply