しばりんご

柴犬りんごとキジ白さんたの毎日

ARTICLE PAGE

チャリティーカレンダーのこと

randum2.jpg

しばいぬとねこのチャリティーカレンダー。
おかげさまでたくさんの方にご購入いただいています。
お買い上げいただいた皆さん、ありがとうございます。

クローバー クローバー クローバー

このカレンダーを企画したのは島根県に住むブロ友のがんちゃんです。
(がんちゃんのブログ:コタ&アン&てんのちょんぼし幸せ
チャリティーカレンダーはもともと
がんちゃんの地元にある動物愛護団体「松江犬猫の会」の
活動資金を集めるために制作されたものでした。


1101_7.jpg

保護犬だった柴っ子2匹と暮らすがんちゃんは
少ない資金で活動する愛護団体の厳しい状況を目の当たりにして
「何とかしなくては!」と奮い立ったのだそうです。
普通ならそこで終わってしまうけれど
彼女のすごい所はそれを行動に移してしまうこと。


DSC_6916.jpg

2014年秋
がんちゃんは愛犬(コタロウ君/アンちゃん(2014年天国へ)/てんちゃん)
笑顔あふれる写真で綴った2015年版チャリティーカレンダーを発売しました。
カレンダーは400部を売り上げ
その資金で手術が必要だった2匹の保護犬を救う事ができたそうです。
その時の詳細はこちら ↓
松江犬猫の会 スタッフのつぶやき「しんぞう&ひろこ基金」

このカレンダーの制作を手伝っていた関係で
私はがんちゃんとたびたびメールでやりとりをしていたのですが
その中でのがんちゃんの一言が
今回のカレンダー誕生のきっかけになりました。

「買ってくれた人たちから来年もぜひ作ってと言われているんだけど…
2016年版は他のブロガーさんたちと作ってみたいな」
がんちゃんの言葉に、私は二つ返事で参加を希望しました。


1101_11.jpg

こうして『しばいぬとねこのチャリティーカレンダー2016年版』は
実現しました。

保護犬や保護活動について何となくしか理解していなかった私は
がんちゃんのブログからさまざまな現実を教えてもらいました。
そして他の方のブログやニュース、本などで
保護犬猫の記事を目にするたびに

「保護された犬猫のために何かしたい…でも私にできることってなんだろう?」
「現場にいる人たちの力になれることってなんだろう?」

という思いが沸き立っていたので
こういった形で参加できたことはとても嬉しいです。


DSC_6920.jpg

小さな力も、集まればうんと大きな力になります。
皆さんにお力添えいただけたら嬉しいです。

寄付先団体は先の松江犬猫の会をはじめ
北海道、東京、千葉にある5つの動物愛護団体です。
これは参加ブロガーそれぞれの希望を募り決定しました。
諸々の詳細は下記のリンク先に記載してありますので
そちらをご覧ください。

しばいぬとねこのチャリティーカレンダー

価格は税&送料込みで1,200円。
1冊につき約700円が寄付されます。

在庫はたっぷりありますのでまだまだご注文受付中です。
どうぞよろしくお願いいたします。


2つのランキングに参加しています
banner2.gif
bunner_short.jpg banner.gif

3 Comments

りょう  

はじめまして。いつも楽しく可愛いりんごさんとさんちゃんを拝見しては癒していただいてます。
チャリティーカレンダー、先日購入させていただきました。買うだけでほんの少しでも何かのお力になれるなんて有難いことだと思いました。それでなくても皆さんの自慢のカワイコちゃんたちを毎月飾っていられるなんて嬉しいです(笑)何もできないですけど、寄付をこういう形で出来るという切欠を下さった皆さんに感謝です。
日本語がなんか変でゴメンナサイっ。これからも素敵なブログ、楽しみにしております。

2015/11/05 (Thu) 22:56 | EDIT | REPLY |   

ダン  

こんにちは。
私も購入させてもらいました。
明日、送金してゆっくり待つのみ(^ー^)

2015/11/06 (Fri) 18:02 | EDIT | REPLY |   

meekoo  

*りょうさん

はじめまして♪
ブログを見てくださってありがとうございます!
しかも…カレンダーも購入してくださったなんて!
こちらこそ感謝感激です。

私が言うのもなんですが
カレンダーの子たちは皆可愛くって
もう今から毎日ニヤニヤしながら眺めています^m^

来年はりょうさんのおそばに置いて
ほっこりしてもらえたら嬉しいです^^




*ダンさん

ありがとー!!!
皆とってもイイ顔しているから
楽しみに待っててね (゚∇^*)

2015/11/06 (Fri) 23:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment